ページビューの合計

2016/07/02

ソウルのデリム系列の3つの美術館

久々に韓国生活でも記録しようかと...。
こっちにきてから結構あちこちの本屋と展示会足運んだけどあんまり記録してなかったから代表的な場所から...。

ソウルの景福宮にあるDAELIM MUSEUM(デリム美術館)ですが、
系列のギャラリーが漢江鎮にクスルモア タングジャン(直訳で球集めビジヤード場。名前かわいい)と、
去年同じく漢江鎮にオープンしたDmuseumの3カ所があります。
  
まず、景福宮のデリム美術館。 
景福宮・安国エリアはギャラリーと美術館とイケてる本屋が沢山あります。
これは去年やってたHENRIK VIBSKOVの展示。(会期長かったよね)外観がイケてます
 ファッションブランドの展示だけど、ショーのときのディスプレイとかスケッチとか色々アートよりで面白かった
 韓国の美術館の面白いところは基本写真OKで、体験型なところ
 ここのエリアもミント食べながらファッションショー見るのです。体感型で面白い、、、
 写真自由なので知らない人が絶対に映っちゃうw
あんまり広い美術館じゃないけど、館も面白い形してるし、美術館近辺も雰囲気あって好きな地域なのでちょくちょく散歩に行くエリアです。良き.....

●デリム美術館住所=
서울특별시 종로구 자하문로4길 21

そして漢江鎮のクスルモアタングジャン
名前の通り、ビリヤード場を改装してギャラリーにしたみたい。
本館のデリム美術館よりも現代アート、韓国の若手アーティストの企画ものなどの展示内容が多いです。

これは春にイラストレーターのシンモレちゃんの展示があった時〜
 実際に会場にあるビリヤード台を描いた絵も
 会場は真っ暗で巨大なスクリーン3つに代わる代わる絵が映し出されてました。
 モレちゃんのイラストって影の表現が特徴だと思うので、真っ暗の中で光と影を実際に表現してるのが素晴らしい展示方法だな〜っと思いました。
モレちゃん、今や韓国の最も人気なイラストレーター!NIKEやSMエンターテイメントとコラボなど展示やワークショップも開催しててひっぱりだこです。

WEBサイトもめちゃくちゃかわゆいよ☟
http://shinmorae.com/about.html


同じ会場で去年あった韓国ブランドKYEの展示。
最近はshu uemuraとコラボしたと思ったら、コンビニでコラボのプリンまで売ってて(どういうことだろうw)すごいブランドですね。
最近知ったんですが、KYEって韓国のファッションデザイナーの重鎮イサンボン先生のところの会社の系列なんですね。な、なるほど.....と思ったり。
 KYEはファッションブランドだけど服ではなくグラフィックメインの展示。
 ビリヤード台の球がギラギラになってたw
 コレクションムービーの上映も。
コレクションムービーの上映も。
KYEはコレクションムービーがかっこいいんですよね.....


多分昔も貼ったけど2012/13 FWが特に良い

ちなみに今は印刷会社のコーナーズの企画展がやってます。デザイン、出版、印刷までやってる会社なんですが、韓国で孔版印刷といえばここしかないというような会社で、韓国でデザインについて調べると必ずぶちあたる会社です。
秋にはストリート系の3人組フォトグラファーであるAMQの展示やるとか。
デリム系列の中で最も今の韓国のデザインやアートが分かるのがここかも。
 外観はビリヤード場のまま。
 SHINeeのOddのロケ地だったりもします、
●クスルモア タンクジャン(구슬모아 당구장)住所=
서울특별시 용산구 독서당로 73-4


 そして、去年この球集めビリヤード場の近くに出来たD MUSEUM。

オープン当時から最近まで半年近くやってた9LIGHTS IN 9ROOMSという展示が好評でオープン当初は長時間並んだと聞いたので、会期終了間際の割と最近に行きました。

タイトル通り9つの部屋に9種類のライトアートがあって、仕掛けが不思議なものばかりで面白かったです。とにかく全部ばかでかい。。。写真だと伝わらないけど圧巻のでかさ。
D MUSEUMデリム系列の美術館だと一番広いかも。

すっごく奇麗だった〜見る方向によって全然違う色になってて不思議な部屋。
3色ライトがカラフルな影を落とす部屋など。
光の三原色の仕組みとか謎に持っている色彩検定の取得の時勉強したな....とか思いだし.....
このD MUSEUMとクスルモア タングジャンは駅から遠いのでタクシーで行くのがいいかと思います〜。(1回歩いて行ったこともあるから行けることは行けるけど坂が...しんどい...)慣れてる人はバスで。

●D MUSEUM住所=
서울특별시 용산구 독서당로29길 5-6

そんな3つのデリム系列の美術館/ギャラリーでした。
どれも現代アートメインで体験型なのであんまりアート好きじゃない人でも楽しいかも。
WEB SITE http://www.daelimmuseum.org/dmuseum/index.do
D MUSEUMのアプリダウンロードするとチケットが安くなったりするよ

結構美術館やアートについて記述する人いないし、たまに記録していこうかな〜と思って。果たして興味ある人がいるのか謎....ですが.....

最後に最近聴いてるコリアンミュージックをば :)

チャンギハと顔たちの新曲。変な歌だけどやみつきになってまいりました。


MV含めて好きでなんだかめちゃくちゃリピートしてる曲。
このMV作風からしてシンフェウォン監督かなあ。
(もともとファッション関係のビデオ作ってた方ですが今年MV監督として、すっごい働いてますね。韓国は同じ監督に頼みまくる傾向あるけど、どこの事務所も1年契約でもしてるのかな)
去年から画面の規格操作するMVが韓国で流行ってるけど、グランドブダペストホテルの手法以後の影響?


Samuel seoの新曲も良き。この人もアートワークが拘ってて好きです〜


イランバンドの世界のすべての人々が私を憎むようになった。
イランさんは絵を描く人としても有名で、絵の方から先に知ってたけど曲がとても良い...。
これはずっと聞いてたけど、最近自殺防止の為に作った事を知りました。

祖父がニンニクを剥いていたベランダで父がニンニクを剥いてるね。おばあちゃんが掃除していた冷蔵庫を私の母がきれいにしてる。母の服は私に合うようになり、姉は私と少しずつ変わり、弟は太ってきて、お酒をよく飲むらしい。多分私は死ぬ前に多分お父さんが死ぬ前に、私たちは、一度でも会話をすることができるだろうか?いつの間にか私は問わなくても、その答えを知ることができるだけの大人になって、最終的に私に傷を与えたその出来事は、実際には何の理由がなかったことを何の意図がなかったことを知ると、そのまま私たちはそのまま、、、、、(本当はまだ続く歌詞)
全然息つく暇なく日常を読むような歌詞で、すごい歌だ。状況描写の連続で難しい韓国語じゃないから私レベルでもなんとなく聞き取れるんですが....。

イランさんは音楽や絵以外にも社会的にも色々な活動をしているし、日本にもライブしにきたり、いつかお話してみたい方だあ....。日本語も結構できそうな...?


以上、話めっちゃそれたけど、POP-UP STOREを日本で開催したときにブログ読んでますって結構言われて、えーーー見てる方いらっしゃるんだーーーもうずっと書いてなかったけど書こうかなーーーー?と思いました。単純:)

韓国、流行ってますよね。

韓国のファッションとかカフェとかって題材は、色んな媒体で簡単に見る事が出来るし、結局それがどこからきたもので、どういう背景があるのかを知らないと本当にただ観光地として好きなだけだと思うので、私はじっっとり調べてるマニアックカルチャーを私なりに記録しようと思いました。


最後にソウル電子音楽団の꿈이라면 좋을까。素晴らしき歌謡曲!

0 件のコメント:

コメントを投稿