ページビューの合計

2015/05/04

PrimaryとohhyukとMichelGondry

うわーーーーーー3ヶ月ぶりに書きます。
こんなに間を空けたのは久々ですな。朝も夜もない目の回るのような生活でした。
今もですが・・・。

分かったことはどんなに忙しくても旅行行ったりライブ行ってるので私は忙しいことを理由にこのオタクの性質がなくなることはないって事だ。
ライブも見ないと行けないし展示も行かなきゃいけないし、それは何日寝てなかろうが同じです! オタクだし、なんだかんだ死にそうだ〜とかわめいててもタフなようですね。行きたい所には行かなくちゃ気が済まない。。。


そんな訳で(?)3月にPrimaryとOhhyukのコラボレーションアルバムが発売されましたね。 それがあんまりにも良くて良くて最高でした。

Primaryは韓国の有名なヒップホップデュオDynamicDuoの設立したAmoebacultureのプロデューサーなのですが、Primaryの前作が本当に名盤なのでZion.TやGaeko、Beenzinoの音楽が好きになったのもPrimaryからと言えるくらいです・・・。



アルバムジャケットデザインはブログに何回も書いてるチョ・ギソク君でした。
なんでこの子はこんなにスゴいんじゃ。
ギソク君はOnstyleの「K-DESIGNを先導していくグローバルデザイナー発掘プログラム SUPER COMPANY」という番組で優勝したことがあるみたいですね。
 モデルといいアイドルといいラッパーといいありとあらゆるサバイバル番組がありますね〜でもデザインが一番興味あるから面白い子いるの面白いです。


という訳でPriamryですが、映像が素晴らしい〜TT
ソウルの町並み好きなんですよね、大きな河をまたいで街があって小高い山の斜面に家がみっしり建ってて、教会のネオンが見えるの。
屋上のシーンにはモデルのジンソン君やダニエルもいますね。さりげなく・・・。


この曲はなんでこんなMVなんだw

特に最高すぎたのが、Ohhyukにfeat.でLim Kimちゃんが参加している「Gondry」


あまりにキレイでスーッと入ってくる歌声。

しかも出演者がSunleeちゃんです。



もとはといえばMY QさんのDEAR RAINBOWのモデルを毎回やってるので知った。
ファッションウィークとかでないでずっとアートフィルムっぽいMVとおしゃれLOOKBOOKだけなのがいい。韓国に装苑なくて残念。。。。。。少女みたい! です

MVを発表した1theKがこのMVを発表したときに「PRIMARY&ohhyuk made a song dedicated to Michel Gondry, a movie director」と記しました。
この曲は映画監督、ミシェルゴンドリーに捧ぐ歌だったのですね、もう血がザワザワ

海外サイトのASIAN JUNKIEの記事が興味深かったです。

"全ミュージックビデオは、思い出と夢の視点から撮影し、彼らは眠りに落ちるの気持ちを私たちに思い出させるためにピンクの空白のヘルプなどのほとんどの詳細は、シーンからシーンへの移行を表しています。シーンが進むにつれて、我々はOhhyukの文字が "置き去りに"一つとなっていることをますます意識するようになります...


彼らは「夢の状態」にいる間、Ohhyukソロ常にまたはペアの見解は、このようにあなたが感じることになっている孤独の側面を強調し、むしろ密接よりも一戸建てのように遠くまたはショットからのものであることがわかります。
"
(出典)

3本のミュージックビデオが夢の状態であること。
常に夢想から着想を得てるミシェルゴンドリーからヒントを得たようです。
GondryのMVの3月発表の曲の雪景色や「sunshine is over me〜」って歌詞からも「エターナルサンシャイン」への意識があるのかなと思ってしまいました。


なんでこんなに騒ぐかというと大好きなんですよね、Michel Gondry。

去年の秋から今年の1月までミシェルゴンドリーの世界一周展という展示が東京都現代美術館であって、本人も来日してトークショーとサイン会と上映会をするとのこと!!!
もちろん行きました。開館前から並ぶ為に朝の6時ごろだったかな、冬の朝から並んで。
それでもサイン会の整理券は貰えないくらいさすがの人気で。
トークショーと「背の高い男は幸せ?」の上映会には参加できました。

憧れの「ムード・インディゴ」の雲もみれた



質問コーナーで「どうして子供のような純粋な絵が描けるのですか」と聞いたら「僕のデッサン技術は学生の頃から変わってないみたい」なんて言ってたけど。
映画も「背の高い男はしあわせ?」のようなアニメーションもピュアさがかいまみれるというか・・・主人公は不器用な男の子ばっかりで空想ばっかりしてて自分みたいで好き。

野田凪さんに憧れた高校時代に野田凪さんが所属した映像プロダクション「Partizan」に彼も所属してて知った。
Partizanなんかに憧れて私もこういう仕事を目指してこうしているんだけど、凪さんが亡くなった時に一回もお会いしなかったのを悔やんだんです。年齢的にまだ若くて行くのが難しかったんだけど、ホラーカフェやハンパンダのお葬式、行けたらどんなによかっただろう。
今は好きにどこにでも行ける年齢で本当に会いたい人にはお会いしようと思ってて、だからお会いできて直接質問もできてよかった。

特に好きなゴンドリーのMV三つ



Let Forever Beは世の中のMVの中で最もすき

話それたけど、こういうタイミングだったからPrimaryがGondryに捧ぐって話で興奮したのでした。PrimaryのGondryのMVはVISUAL FROMのJinsooさんが監督を務めたようです。VISUAL FROMについてはKPOPのMVの監督をひたすら年末に記事にまとめたやつにまとめたはずです。
ステキなMV。

GondryでohhyukとコラボしているLim Kimちゃんも最近カムバックしました。

いわゆるkpopとは一線を引くような独特な歌声。。。
ラッパーのBeenzinoとコラボ曲があったり、SHINeeのジョンヒョンが書き下ろした楽曲があったりと豪華です。

でもこの曲が良すぎて、聞けば聞く程ツボにはまります。


せっかくかわいいパステルトーンなのに化粧がギャルすぎる・・・・と思ったらネコっぽさを表現するためにネコ目にしてるんですね^^

歌声病み付きです。

もはやPrimaryと関係ないけど、ohhyukやlimkimちゃんのようなドリーミーボイス好きな方はThe Black Skirtsもお好きでは??
活動してなくて、もしかして解散した・・・・?とすら思ってたら最近韓国のドリーミーボイスバンド、The Black Skirtsも新曲を作ってたので貼っておきます。


う〜んステキ。最近よく聞いてる音楽について〜でした。

2 件のコメント:

  1. 更新まってましたー^o^ ぎそくさんアートワーク!まったくと言っていいほどアートに関して知識無いんですが、ど素人の私がみてもぎそくさんは表現の幅が広いなーといつも感動します!前にNRP行ったときに、ぎそくさんがなんかの番組で優勝したって話して貰ってて、今回の記事でこの番組だったんだなと理解。笑 韓国の国民性なんですかね?サバイバル番組好きですよねー!しかもちゃんとそこからちゃんと才能溢れた人達が出てくるからすごい。韓国の方って自己表現とか自己主張みたいなものが日本に比べると強い気が、、、そういったものが込み込みでサバイバルとかが盛り上がる、相性がいいのかな〜とか考えてしまいました。毎度長くてすみません。オススメ曲聞いてみま〜す!

    返信削除
  2. 返事がめちゃめちゃ遅くてすみませんTT
    そうなんですね、ギソク君仕事がステキで毎回注目してしまいますwデザインやアートまでサバイバル番組があるのはさすがに驚きました。なんだか向こうの今のハタチくらいの世代がすごいですね〜今まで知らなかっただけかな?日本にもラッパーの選手権あるけど向こうのショミドほど盛り上がってなくて残念です...向こうは見る側もサバイバルがお好きですよねw面白いですね〜。^^

    返信削除