ページビューの合計

2014/12/20

勝手に2014年の韓国MUSIC VIDEOアワード:後編

さて、MUSIC VIDEOアワード後編です。
ヒップホップ繫がりで、外せない監督がDIGIPEDI。(http://digipedi.com/)

とはいえ、
今までアンダーカルチャーなバンドなどの作品を撮っていたのですが、2013年SHINeeのDrean Girlの仕事をきっかけに、
2013〜2014年の間に瞬く間にアイドルのMV作品を撮りまくりました。

 2013〜2014年はほぼKPOPはDIGIPEDI作品といっても過言じゃないです。
(印象的なのがB1A4のイゲムスイリヤ、ORANGE CARAMELなど2人と少しのスタッフの少人数体制なのにどうしてあんなに多くの仕事をこなせるのか・・・・。)






※DIGIPEDI作品(↑この金のフチがついてるセットあらゆるMVで流用してますw)

もう事務所関係なくDIGIPEDIさんに仕事をお願いするのでDIGIPEDIさんの作風(ビビッドなカラー、狭い空間、額縁のようなセット)概視感がハンパなかったんですが、

 やっぱり良いものは良いもんで、DIGIさんの作品は無条件にチェックしています。

今年印象的だったDIGIPEDIさんの作品はBEENZINOのHOW DO I LOOK?
 
ネクストトップモデル出演のモデル達と一緒に撮影した作品。ビンジノさんの演技がうまいのとカラーリングのバランスがやっぱりかわいくてすごくすきです。

ビンジノさんも参加したEPIK HIGHのBORN HATERもDIGIPEDI。

バーバルジント、ビンジノ、ハンビン君、バビ君が参加しててすごい豪華・・・・。 

この空間の箱使いはやっぱりDIGIさん感だけど、今年のHOW  DO I LOOK?とこの作品から映像の規格サイズを色々変えてますよね。
HOW〜にいたってはシーンによって画面サイズが違う。
PCからこのページ見ればわかると思うけどBORN HATERはそもそも縦×横の大きさが他の動画と違います。
今年公開した映画「グランド・ブタペストホテル」でもシーンによって画面サイズが違うっていう手法を使ってたんだけど、そういうものの影響?今年は特に画面サイズで遊んでるご様子。

この2作は好きだけど、まあいつもの作風なんですが、えっこれもDIGIPEDI作品!?・・・・新しい!って思ったのがLovelyz

ガーリーな色合い。アイドル自体もみずみずしくてかわいい・・・・。女の子のアイドルは清純派とセクシー系の2極化がすごいですね。

KPOP好きな人におすすめの読み物がWEB版のDAZED LONDONなのですが、なぜかライターさんがアジア通で、KPOP論評もよく書いてくれてまして、そこで韓国の女の子はスクールガールかセクシービッチコンセプトに分かれるばかりの中で、一線を引く存在としての2NE1か。という論評があって。確かに偏りがすごいな〜と。
そんなこといったら、日本はセクシーアイドルすら全然いないからスクールガールの一元化か。日本ならスクールガールとオタク文化の二極化かな。
アジア以外の国で語られるKPOPって客観的というか、面白いです。映像についても結構細かく語られてます。(私はこのライターさんの記事を熱心に読んでいるので、いつかお会いしたい勢いです。ヴォーグとかにも寄稿してらっしゃるキャリアの持ち主)


話戻って、私が個人的に韓国の好きなMV監督はlumpens監督とファン・スア監督がなのですが、今年は全然撮ってないですね〜・・・・・。
スア監督が撮ったのは、今年と言えばToheartのDeliciousかな。なんだかあまりスアさんぽくない作風!って思ったけど。

(スア監督はINFINITE、IU、SUNNY HILLなどを撮られてます。ノスタルジックな映像が多い) 



 ※スア監督作品


でも、これインタビュー読んでたら、キー君が前から撮ってほしかった監督に撮ってもらった、と書いてありました。やっぱり〜;;です。 

スア監督は、今までSMアーティスト撮らないのになんで撮ったんだろう?(ピニは撮ってますが)と思ってたら本人の希望だったんですね。
てゆうか、キー君ってスア監督すきそう〜って分かるし、私もスア監督すきだよ〜わかるう〜いいよねえ〜でした。(謎の共感)

ICON TVにスア監督でてたんですよね。スアTV続き楽しみにしてたのに全然更新されない。。。。

写真で見ると男性にみえちゃうんだけど(てゆうか男性かと思ってた・・・・)動画でみると優しい物腰で柔らかい雰囲気ですね。
こういった知的な女性、とても憧れます。
もしも自分がkpopアイドルだったら私もスア監督にMV、ブックレットはlessさんがいいな。いいな。いいな。って感じです。


さて(^o^)


論文のような長さになってまいりましたね。
本当は分かりやすく1位〜10位までランキングを勝手につけようと思ったけど、この人とこの人にこういう繋がりが〜という話の流れがあったので、流れで紹介しました。
私の中で一番印象的なのはやっぱ2NE1のCOME BACK HOMEとTHE COHORTのTIMEかなあ。
どちらも今年でてきた(活躍的な意味で)監督ですから、真新しさもありつつ、かな。

この間の香港で行われたMAMAで選出されたベストミュージックアワード大賞はホン・ウォンギ監督の2PMのGO CRAZYでしたね。

 すげーーーKPOPって感じですね。

ホン・ウォンギ監督といえばザ・SMなイメージなんですが、PMも撮ってたんですね。
 
 EXO   OVERDOSE




少女時代のthe boys、I GOT A BOY、f(x)のrum pum pum pum、Hot summer、SHINeeやSuperjuniorも・・・。今年はEXOのOVERDOSEも撮りましたし、SMは御用達の監督。
蛍光灯使いまくりのセットでてくる〜ネオンでる〜三角形のセットでてくる〜みたいなモロkpopなイメージの映像ですね。
エレクトロ調の曲はこの人に頼む事が多いからかな。

今年ホン・ウォンギ監督が撮った作品の中だとSuper JuniorのThis is Loveがよかったです。
 メンバーのシンドンがセットや衣装、ダンス、構成を担当したらしいですが・・・いいね!
ワンテイクカットのモノクロ映像です。ワンテイクカットってファン・スア監督のイメージが強いですが、やっぱりいいよね。

そんなウォンギ監督が社長である「ZANYBROS」http://www.zanybros.com/)がYG以外のkpopほとんど撮ったんじゃないかって勢いです。
 こちらのHPからどれだけ多くのkpop作品がウォンギ監督によって作られたか分かります
kpopの映像を牽引してきた人ですね。(Zion.TとPRIMARYのビデオもそうだったのか・・・)

やはりやはり、ここが大御所。です。
しかし長らくSMのホン・ウォンギ監督、YGのソン・ヒョンスン監督が作ってきた従来のKPOPのイメージを壊す意味でも今年でてきたドングル監督なんかの若手に受賞がいったら面白かったかなと。



今年はシンプルな(叙情的な)もの・近未来的なイメージの2つが新たに韓国音楽やデザイン周りのイメージに加わったという印象です。
いわゆるkpopで思い浮かべるような派手派手でパンチャパンチャなディスコモチーフも大好きだけど、やっぱり変化してくるんだね。

前半ではYGやヒップホップ、後半ではSMやアイドルって流れになったけど、今年はやっぱりデザイン面では新たなイメージを積極的にとりいれたYGが面白かったなって感じです。

 YGは新規気鋭のクリエーターを積極的にとりいれようとしてますね。募集の仕方もすごい。成功した人にとらわれずに新しい手法をとりいれていくのが新鮮で面白いと思います。

SMは総合アートディレクターのミン・ヒジンさんが新しい監督(DIGIPEDI)を取り入れたという SHINeeのDream Girlや、映像学生である弟とその仲間と撮ったf(x)のshadowなどがとてもよかったので、こんな感じで変な固執なくもっと新しい作家に頼んでくれたらいいな〜と個人的には。


韓国にはデザインやアート面でそんなに有名な方がいないと言われているにも関わらず、こうやって音楽が流行った背景に面白い演出とか映像とかあの独特なCDパッケージとかが要因となってると思うから、
やっぱり気になる。どうして自分が好きなものが好きなのか気になる。
この急激な経済成長と共に面白い人達が沢山でてきたのかな。そしたらやっぱり今の韓国はちょうど面白い時期なんだろうなと思う。台湾も、タイも面白いけど。今の日本は何がおもしろいかな。

毎回よかった作品のデザイナーやフォトグラファー、映像作家を調べているけど、
韓国は映像作家が少ない少ないといいつつ、こうやって書いてみると多い気がしてきたし、作風もそれぞれわかりやすいから面白いね。
このオタク的で一方的な論点で書いた文章を誰が読むんだって感じだけど、日本はおろか韓国語で検索しても情報の少ない映像作家を調べてひっかかればと思います。(自分のために)

ここまでの文字数数えてみたら7000文字ですって。キッキッ、キッ、キモ〜〜〜〜〜イ。
2万字余裕な気がするので、今大学生だったら「韓国音楽の流行から考える韓国のデザイン文化」っていう論文かきます。(どこの学科なら書けるんだよ)
また韓国の映像とデザインについて書き続けます。

2014年MV監督まとめオワッピ!

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除