ページビューの合計

2014/10/26

Day 1 :Seoul fashionweek / beyond closet

夏の旅行日記途中ですが、あきらめました!(おい)
ということで、ソウルファッションウィーク日記に移行しますね!

今月の17〜あった訳ですが、も〜〜〜〜〜〜〜〜こんな気合いだけで行く旅行はないと思います。
弾丸で週末2泊3日です。
社会人はこれだけでキッツイという感じですが、
普段の仕事と、ご縁あっていただいている個人仕事をしてまして、終電で家に帰っては3時くらいまで仕事、朝でかけるっていうのを2週間続けて、渡韓前日にいたっては寝ませんでした。
朝まで仕事があって、飛行機にのれるかわかんないよ〜〜〜〜!!え〜〜〜ん!つらいよ〜っていっぱいツイッターに書きました!(弱音をSNSに書くなよ!)
深夜の3時に仕事の電話かかってきて、声に出してエ〜ンって言いました。
そういう・・・仕事を・・・しています・・・・。

なんとか飛行機に乗ったもののギンギンで寝れませんし。

そんな中でも、チケットイベントは見たいブランド応募はちゃんとしていて、
狂気が伝わったのか、なぜかbeyond closet以外の応募したチケットは全部当たるという強運を発揮。
87mmにいたっては1000人以上の中で5人だったのでだめ元でしたが当たりまして、もしかして宝くじ買うべきかな?と思いました。(調子のるな)

自分でいうのは何ですが、良いほうにも悪いほうにもアタリ外れあるものは当たるタイプです

戦争記念館で実施されてたころは、チケット発売制ですが、韓国のチケットサイトに登録しても本当アイドル級にチケットとれませんでしたし、どれか一つに集中して応募しないといけませんでした。(同時に応募できない)
配布制になって確かに一般人がみる制度なくなったけど、逆にチケットイベントやるようになって日本人のチケットの可能性はかなり広がったのでは?と思います。

ですが・・・・・

そう思ってたのもつかの間。

ソウルファッションウィークのチケット制度はクソです・・・・・・・・・・!

理由は徐々に書きます。

そんな訳で、17日。

この日は
LINE OR CIRCLE、beyond closetです。

beyondは外れたんですが、一緒に行くメンバー全員で応募して全員が当たったブランドがあり逆にbeyondが重複した日本人の方に譲っていただけました;;ありがとうございます。;;


も〜〜〜〜ドワ〜〜〜って感じで飛行機に乗って、両替やらTマネーのチャージすらダッシュです。(そんな旅行あるか?)
ホテルに寄らず、そのままトンデムンの会場のロッカーに荷物ぶちこんで、15:30!!!!
受付にゴー!もう開始時刻で1本目のLINE OR CIRLEがなんと見れず・・・・・・。
ご好意でVIP席をいただいていたのですが〜ウー!いきなり残念です。

しかし、もう考えてる時間がありません。。。。

ファッションショーは30分おき(同じ会場だと一時間おき)に各ブランドがやってまして、終わったら次終わったら次の感覚です。

次はbeyondcloset。すぐに一般チケットの列に並びます。
すぐに気付きます。
なに・・・・・この人数!

会場は3カ所あって、S1、S2、S3と大きさも違うのですが、一番大きいS1でもこんなに人数が。
それでも嬉しくてニコニコ待ちます。ランウェイのある裏側にズラーっと来た順に並びます。

大事なポイントですが、ソウルファッションウィークは
VIP→バイヤー→プレス→一般の順に入ります。大体一般以外の3つは同時です、が、国外プレスバイヤーは国内より早い?かな

つまり、一般チケットは招待客(VIP)やプレスバイヤーの席が埋まったあと、来た順に空いてる席に座るということです。

待ってる間に裏側からリハーサルが聞こえてきて、今回beyond closetのショー楽曲をBlock Bのzicoが作ったので、ブロビの曲がたくさん流れていました。

ハ〜〜〜〜〜楽しみだね〜〜〜〜キャッキャとしてると、リハーサルが終わり、フラッシュがたかれ、暗くなり、、、また曲が流れ始めました。


また・・・


曲が・・・・


流れ・・・・・・・



????















おい、はじまってんじゃねーか!






はじまっていました。




我々がこの薄暗い空間で身をひしめきあっている間に明らかに始まってました。

この暗い空間が完全にくもの糸切れたあとの地獄って感じでした。くもの糸どこだよ。
(左側の舞台が明るくなって呆然する一同の図)

数分後一般もいれてもらえたのですが、席はもちろん満席。
両サイドのさきっちょに溜まるほかありません。

スタンディングで前に5人くらいたってる感じです。
見えない・・・・・
こんな感じです。

腕を高くあげ、写真を撮りました。。。。。

キムチャンだあ・・・・^^

この程度です。

人の頭の森から木漏れ日のように光射すモデルがチラチラ見えました。
赤・・・・青・・・・赤・・・・青・・・・

いやあ〜赤と青だねって友達と話しました。(ビヨンドの感想)

ウィナーのミノ君だけ何故かバッチリ見えました。
スンユンも出てたんだね!
今回は不良学生風がテーマなのか、ティザー映像(下記)を見て、普通に学生服だけど・・・どんなコレクションになるんだろう?と思ってましたが、
   
最後絵日記風だし・・・

今回こんな感じのコレクションだったようです!
 
 画面右側でキャッキャキャッキャと見てるウォンジュン君とジウンが気になってしまう。


芸能大手YGと大手モデル事務所K+が提携した訳ですが、
最後のソンギョンちゃんとWINNERの並びはまさにって感じですね。

帰国して韓国アイドルの情報を流すtwitterアカウント各社が「ソウルファッションウィークに出演したYGの新人女優イ・ソンギョン」という見出しで沢山写真をあげてたので、おおお・・・と思いました。
ソンギョンちゃんの二大事務所でのプッシュがすごいですね、これは、という感じです。




そんな訳でとりあえず初回に太字で書きたいのがソウルファッションウィークのチケット制度がクソだという事です。

チケットイベントとはなんだったのか!招待席の残りの余った席分だけを配っているのではなく、無計画にキャパ越えする大人数にチケットを配っています・・・・!;;

並んでみれなかったときの肉体と精神的なゴイ〜ン・・・・・・(寺の鐘)な気持ちは表現できません。

一時間ほど早く並べば一般でも見れますが、タイムラインが30分後や1時間後のショーでは、終わった後に急いで並びにいっても厳しいなという感じです。
(ビヨンドはギリギリ入れてもらえたけど、入れてもらえなかったとかもあります)

ありがたいことになのですが、チケット当たりまくったので終わったら次のブランドにダッシュ終わったら次のブランドにダッシュ。。。。。。です。
そんな訳で2日目も朝からゴイ〜ン・・・・・・・・・・を何回もやる訳ですが、1日目でチケット制度の愚痴をかけたので以後は省略しますね!

ひとまず、1日目のショーはそんな感じです。
チケットイベント当たったものの、日本在住なのでホテル戻ってすぐに各ブランドのショップや事務所に受け取りにいきました。(これも超歩いたよ〜)


超ことこまかに書きますね!では次回につづく。
1回目がいきなり弱音と愚痴でスタートする仕様ですいませんね!


でも、トンデムンに向かう電車の中で友人に言いました
「今年最高の一日がはじまるよ」って・・・・・・・・・・・何





うへへ






0 件のコメント:

コメントを投稿