ページビューの合計

2013/12/22

Glencheckからプレゼントが

何回かブログにも書いてる韓国のバンドGlencheckのニューアルバムYOUTH!が発売されましたね!


今回のアルバムは、発売前に「YOUTH!」のロゴを使ってアートワークを送って下さい!
というファンのアートワークを募集する企画がありまして、
勿論応募しました。(応募したときの記事はこちら

そしたら見事当選したようで!
Glencheckの所属するSOUND HOLICからスペシャルプレゼントが〜届いた!
 貰ったのはCDとsnapbackでした〜!snapback欲しかったのでうれしい!
 アートワークはこの2つが使われてました^^1つは裏表紙。うれしいな〜〜〜〜!
artwork募集期間サイトに応募されてる作品一覧を見れたのだけど、そのときいいな〜と思ってたのが意外と使われてなくて残念・・・・
というか募集した割にファンの作品意外と使われてないのでは?oi~~~~~

そして、CDの裏側にはサイン。サインの周りにニコニコマークかわいい!
サイン入りCDは意外と流通しまくっててタワレコで発売されてるのも全部サイン入りでしたよ。何枚書いたの笑
でも、プレゼント待てずにCDを自分で発売直後に買いに行って見たら、日本では元々入荷数が少なかったのだろうけどタワレコで問い合わせたら渋谷、新宿、池袋で売り切れてて。
予約してなかったのが悪かったんだけど、1度目の入荷枚数は割とすぐなくなったご様子。売れてきてるね〜!

今回のアルバムではジュンウォンの夏の恋を歌にしたsummer heartsが好きですね。




今回のアルバムは二枚組で1枚目がバンドセット、2枚目がパソコンで音を作ったインストロメンタル版。やっぱり個人的にはバンドセットが好きですね。

今回はGlencheckがDJイベントを仲間と開催してるThe Basement Resistanceの仲間に新たにメンバーが加わったようで。
The Basement Resistanceはバンドメンバーではないけど、Glencheckと一緒に活動作業している仲間の名義のようです。グレンチェック自体もThe Basement Resistanceという定義。

 ベースメントレジスタンスの新メンバーはというと、
サマソニにも同行してたフランスのレーベルShiny Disco Clubの二コラ・マッソンさん。
(サマソニの会場でグレンに会ったとき写真とってあげるよ〜って言ってくれたニコラスさん、日本に留学経験がるようで日本語もペラペラでした。今は韓国の大学にいるからグレンの仲間に加わったみたい。まだ若いのにすごい)

それからフランスのAdrien Marcさん。
同じくフランスのドラマーだそうで。曲作業時にドラムの構成を相談したのだとか。

そして、ファッションデザイナーのDaddy Gooseさん。
今回Glencheckのsnapback、PVで使用したユニフォーム、エコバック、ブルゾンなどを制作したそう。

そして、元々のメンバーVJのeyejinさんが今回のアートワークとYOUTHの映像を手がけています。

Daddy Gooseさんの加入により、グッズが出来たことがうれしい。
 かわいい!
 ベースメントのロゴジャケット普通にほしい
 Glencheckは音楽だけじゃなくてアートやファッション、映像もバンド活動の一環として仲間と一緒に作っているところがとても魅力だと思います。
それって自己プロデュースだし、音楽以外にも見せるところを自分たちで作る事、そういった音楽以外の仲間と一緒に作業して音楽を作っているところ、外注で頼むんじゃなくて全部をひっくるめて同時に作っていくところが面白いし、そういう姿勢がいいなと思います。
だから今回のアートワーク企画に参加できたのもとても嬉しい。



今後としては、年末に年越単独ライブがあるのだとか!うっっっらやましーーーー
行きたかった

 来年はアメリカのフェスにも参加が決まってるそうで。サマソニは来年もきてくれるのかしら?海外フェスには出るけど海外を本拠地にするつもりはないみたい。

それから音楽博覧会を通じて、アメリカのプロデューサー、スティーブ・リリーホワイトに声をかけられたらしい。 U2やローリング・ストーンズの作品を手がけているビッグネーム!すごいーー
どんなコラボをするかは未定らしいけど、来年から海外活動も盛んになりそう。

んん〜2人の音楽センスもだけど、やっぱり帰国子女は強い。
同世代として色んな国の人とタッグを組んじゃうグレンは、目を見張る。
もっと言語が達者になって色んな人と関われたらいいなと個人的に痛感した1年でした。

APPLEのCONCIERGE Launching Partyにも使われたGlencheck。
スタイリッシュな感じとかAPPLEのイメージにあうな〜



でもやっぱりバンドセットのプレイがみたい!

2013/12/15

ソンムルその後

誰も興味ないと思うけど87mmメンバーにSFWの時にあげたソンムルのその後なんですが・・・・
 メンバーステッカーと
 日本のおすすめショップをまとめたTOKYO MAP ZINE。
それから瑛太表紙の雑誌(キムチャン用)と87mmが日本の雑誌に載ったときの雑誌。
あと、メンバーの似顔絵の絵なんですが(前にも書いたけど)
 チョル君がインスタにアップしてくれ、

 ウォンジュン君が雑誌を読んでくれてて。

そしたら先日。このオフィス写真。
ん?ウォンジュン君がハンドメイドでカッティングしてるハットが積み重なってる奥にあるのは・・・・・
 絵オフィスに置いてくれてな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い???????????

ちょっとここでいつもごちゃごちゃしてる87オフィスの解説を(いらない)
 ホンソクはいつもジウンとウォンジュン君の席の間に見えるから、あそこが定位置かな。手前の席は色んな人が使ってるイメージ。
入り口左手にハンガーラックとポスター貼ってあるはず。(だよね?)

あと、多分ウォンジュン君自分の席にあげた瑛太の雑誌切り抜いて貼ってる〜ウ(かわいい)

 後日。
 ウォンジュン君の席から。

えーーーやっぱりこれですよね?
 オフィスに置いてあってうれしい・・・・・・・・
てゆうか、正直あわよくばオフィスに飾ってくれてないかオフィス写真を凝視してたので見つけましたよ。へへへキモイだろ〜?

それだけですが。絵が気に入ってもらえるってうれしいです。やっぱり。

87mmメンバーにもあげたTOKYO MAP ZINEはmountzineというzineのイベントにも出展させていただいてます。
京都→台湾→東京の各地のイベントで販売していただきました。
これは東京の890ギャラリーでの様子。
台湾の方のZINEも沢山あってステキでした。

韓国のZINEショップも前々から行ってみたいと思ってて。向こうは印刷が安いから割と学生アーティストでも作りやすい環境みたいだけど。
沢山韓国のZINE持ってる友人に以前記事に書いたEun Ji Ryuさん(http://www.light-heavy-light.comのZINEを見せてもらった。
 ポップな感じは少なくてシュールな芸風な子が多い印象
やっぱキャラクターとかハートモチーフとか分かりやすいハラジュク〜!みたいなノリの絵って日本的な感覚なのかな。

話それたけど、イベントは終わったけどmountzineのオンラインでTOKYO MAP ZINEが購入できますので、もし興味もってくださってる方がいましたら、
こちらからドウゾ♥↓
------------------------------------------------------
TOKYO MAP ZINE
http://mountzine.com/57
------------------------------------------------------

それでは韓国マニアックインディーミュージックをば。

フューチャリングのZion.Tがとてもいい

paloaltoさんの新譜とても良い・・・・・・・・・・・・・

友人にKhiphop勧めた時に韓国にもいとうせいこう的な文化人枠はいるの?と聞かれて
確かに誰だ?みたいな。韓国の文化人枠っていわゆる誰だろう。
YGのヤン社長が昔歌ってたけどちょっとそれとは違うだろうし。まだまだ色々知らない