ページビューの合計

2011/06/05

やましげひなたぼっこ

昨日やましげひなたぼっこを見てきました
山崎樹範さんの独り舞台です。
え?山崎樹範って誰...?って思う方多いと思いますが

 この方です。
顔みると、ああ〜〜!知ってる!ってなりませんか?
結構色んなドラマやバラエティに出ていて、姉がバラエティの空回り具合にハマったらしく舞台みにいきました〜。

1人舞台って初めてみたけど、1人なのに空間を作るって本当に凄いですね、
やましげさんの理想の家族と人生を描いた話だったらしいのですが、
0歳〜99歳までを1人で演じられました。
冒頭の0歳のときの「生まれた!生まれた!すごくない?ねえすごくない?!お父さんとお母さんが恋をして、そのまたお父さんとお母さんが恋をして、そのまたお父さんとお母さんが恋をして、そのまたお父さんとお母さんが恋をして、、、お母さんのお腹大きくなって、人間の中から人間の形がでてくるんだよ、ねえすごくない?僕が生まれた!奇跡だ!」
うろ覚えだけどこんな台詞にゾゾッときました。
声が凄く大きくて通るので、1人舞台なのになんだかやましげさんの舞台はにぎやかでした。
お笑い要素も多くて、面白かった。
脚本・演出がカリカの家城さんで、家城さんって本当すごいな〜と思いました。
合間合間の音楽センスが家城さんチョイス臭プンプンで、かっこよかったです。
どこのバンドの曲なのか教えてほしいです。てゆうか、調べてます。
家城さんみたいな人って本当素敵ですよねえええええええ(熱弁)

 カリカ単独の映像って毎回独特でなんかいいよね〜

 てゆうか、似てますよね......ゆらゆら帝国に.............

0 件のコメント:

コメントを投稿