ページビューの合計

2011/03/08

第一回blogをはじめますの巻

どうも〜


思い立ってblogを始めました。





てへ。


好きな事とかを記録していきたいと思います。

とりあえず、最近は脳内ミュージカルです。
今日はこの映画をみました。

『紳士は金髪がお好き』

1957年のだから50年以上前の映画なんですね。
マリリンモンローが主役で、とりあえず玉の輿になりたくて「男の人にお金を望んで何が悪いの?」とか最低な事連呼してるけど、全然嫌な女感がないの〜
ん〜許しちゃおう!って感じ。めろめろ

私は動くマリリンモンローをまともに見た事がなかったけどイメージと全然違う!
マリリンモンローはセクシーでビッチ!オードリーヘップバーンは清楚で上品。
かと思っていたら、
セクシーさもあるけど、それ以上にキューーーーーーートなマリリン。


服装もかわいい。英語を日本語訳にすると大概こういう喋り方になるのはなんで?
でもこの喋り方かわいいよね。「あら、大変!ビスケットがないわ!」みたいな(状況意味不明)

そしてこの映画ちょいちょいミュージカル仕立てなのですが。↓

何事。

法廷でもキャバレーにしちゃうマリリン



そしてこの舞台!なんでしょうこのクオリティー50年前なのにCHICAGOにも張り合えそう。人がシャンデリアになってたり、キャンドル立てになってる。







 かわいすぎる...







うん、かわいい。。。。。。。。!

なんだろう、この時代の女の子のかわいさって。(60年代)
アイラインもすっごい濃いし、つけまつげもばさばさだけどなんだか上品

ひなぎく(大好き)
ロシュフォールの恋人たち
シェルブールの雨傘

 いいね〜。結構ナチュラルにわがままな女の子が多い気がする。「わたし、イヤよ!」みたいな。(またこういう訳のせいかも)そういう時代だったのかな?

そして、日本にもいます、かわいこちゃんが。
加賀まりこ。。。。。。。。。!(月曜日のユカ)

この頃の加賀まりこは絶頂かわいいです。今こういう色っぽい女優さんていないと思うの。
清純派が多いね、時代は進んだはずなのに昔より脱がなかったりするのはなんでだろう?
そのうち書くと思うけどアイドルもロリータが多い。今の日本。もったいない〜
セクシーを売りにしてるグラビアですらロリータ....何故

 では、マリリンでさようなら〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿